引越し 布団 荷造り

引越し時の布団の荷造りについて

引越し時の布団の荷造りについてお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

布団は引越し前日まで使用しまうので、
当日に梱包をして運搬することになります。

 

ここでは引越し時の布団の荷造りについて説明していきましょう。

 

布団の荷造りの方法とは?

引越し時の布団の荷造りは、かさばるので意外に梱包が面倒に感じるかもしれません。

家具や家電などはともかく、
引越しでは布団の運搬が意外に大仕事になることもあるのです。

 

まず大切なのは布団は空気を含んでいて量がかさばっているので、
できるだけコンパクトにして荷造りをすることです。
一般的に布団の荷造りにはふとん袋で梱包することになります。
布団袋に入れるのであれば簡単と思うかもしれませんが、1人でやるのは実は大変なのです。

 

布団の荷造りでふとん袋を利用する場合

引っ越し時の布団の引越しで布団袋を利用する場合、
まずは布団を逆にたたんで重ねていきます。
逆というのは掛布団、毛布、敷布団という順番にするということです。
それらを布団袋に入れるのではなく、
たたんだ上から布団袋をかぶせるようにして、
最後にひっくり返せば簡単に梱包ができます。

 

布団袋に詰めこもうとすると、端がずれたり、
袋の中でおさまりが悪くなってしまったりする場合もありますので、
この方法でぜひ試してみましょう。

 

引越し時の布団の荷造りについてお勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

使っていない布団は圧縮袋を使って荷造りするとよい!

前日まで使用する布団は布団袋に荷造りして運搬してもらえばよいですが、
その季節に使っていない布団や客用布団など
押し入れにしまわれている布団については圧縮袋を利用してしまっておくようにしましょう。

 

圧縮袋自体はホームセンターや100円ショップなどでも簡単に手に入りますので、
圧縮袋に入れておけば布団をコンパクトしまうことができます。

 

布団を運搬する際には、割れ物を包んで運ばないで!

布団を緩衝材がわりにするために、布団の中に割れ物を入れて
荷造りをしようとする人がいますがこれはNG行為です。
布団はクッション性が高く、緩衝材になりやすいですが、
引越しをする作業スタッフは布団を割れ物として扱ってはいませんので、
中に入れている割れ物が割れたり、
破損したりする可能性が非常に高く危険です。

 

布団はどちらかというと、雑に扱われてしまう荷物になってしまうので、
絶対に割れ物などを中に入れておくのはやめておきましょう。
布団の荷造りは使わない布団は引越し前にきちんと行っておくこと、
使用している布団は当日の朝に布団袋に包むようにしましょう。
朝はばたばたしますので、
起きたらできるだけ早く布団袋に入れるようにして下さい。

 

引越し時の布団の荷造りについて お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。